祝!お仕事1周年   

2006年 11月 09日

1年前の今日、私は、医療事務員としてスタートしました。

緊張の中、渡された制服(事務服)を見て、(ゲ・・イマイチ・・(^^;))と思いつつも
10数年ぶりのお仕事デビューに、何だかフレッシュな新卒の頃のような気持ちで
ときめいてもいました。


配属された科は、その病院のメイン科でもあり、それはそれは混雑していて、
カウンターに入ったものの、通常業務と私の指導を同時進行させていかなければならない
リーダーさんもてんてこ舞いで、
まだ何をしていいのやら分からない私は、
お待ちになってる患者様の視線が怖くて怖くて、
本当に何が何だか分からないまま半日を終えました。。。


その数日後、まだまだ戸惑ってる私・・
そこに、昔の同僚が患者としてやってきました。
過去に手術をしていて、定期検査でやってきているのだそうです。

どう動いたらよいか、まだ不慣れでおどおどしている私を
知人に見られるのはとても恥ずかしく苦痛でもありました。



毎日毎日、とにかく手帳にメモをとり、必死に仕事を覚えようとするのですが
焦って取ったメモは、後で見直すと意味不明・・(^^;)

必死なのに、それでも、自分のせいで流れを乱してしまっていることに
落ち込んだり、疎外感を感じたり・・
そんな状態がずっと続きました。


何度、友人にぼやき、愚痴ったことか・・・。


それでも、少しずつ、本当に少しずつ、仕事の流れがわかり
少しずつ、自分の動きの意味や
点と点だった仕事が、だんだん線として繋がってきました。
(飲み込みが遅いのかも知れませんがね・・・。)


怖いと感じていた患者さんの視線や「すいません・・」というお声・・
その中でも、ちょっとずつコミュニケーションが取れてくると
接遇も楽しくなってきました。


看護婦さんや同じ科のクラークさんとも
徐々に信頼関係が出来てきました。

最初、怖いと思っていた看護婦さん・・・
(こ、これは新人いじめか・・?)と思うことさえあったけど
それでも、困ったことや分からないことは
相談すればきちんと対処してくれて、何度救われたか分からない・・。

人間関係が築かれてくると、仕事のやりやすさも断然変わってきました。。


丁度半年経った頃、
私は、今までの自分の中で、最大のミスをしてしまいました。
忙しさの中での焦りと、運転と同じ慣れが引き起こしたものだと思います。
このミスに対して、レポートを提出し、上司に報告しました。

レポートを書いたことで、その時の自分の精神状態や、周りの環境
ミスそのものの要因、同じ過ちを起さないためにはどうすれば良いかなどの整理が付き
とてもよかったのですが、やはり自己嫌悪で、普通にしているようでも
1ヶ月、下痢が続きました。


それから数ヶ月。。
ようやく馴染んできた業務の流れも、システム変更で大きく変わり
また新しいことを覚え始めました。

すると今度は、皆が一斉に同じことを覚えるのに
どうも自分だけが、飲み込みが悪いような気がして、また焦り始めました。
要領の悪さ、頭の悪さがモロに出て、不安と落ち込みの中
そのシステムがスタートしました。


これによって、今までより、患者さまと接する機会がちょっとだけ減りました。
PCに向かっている時間が、以前より増えたのです。

すると、不思議・・・
あんなに患者さんの視線が痛いとか、
話しかけられるのが怖い・・なんて思っていたのに
接遇が減ってしまったら、それはそれで、ちょっと寂しくなってしまいました。。

そんな自分の心境に、自分でも驚いたりして・・・。



先日、1年前に定期検査でやってきたあの元同僚が再び来院しました。
二・三言言葉を交わすと
「何だか、すっかり慣れてベテランに変わってるじゃないか・・。
今ではお局様か?」
なんてからかわれちゃいました。

「あの時は本当に、湯気が立つような新人だったからね。
1年経って、少しは変われたかな・・?」

そう尋ねると、彼もニコニコ頷いてくれました。
(あの時は、よほど、心細そうな顔してたんだろうな・・・)



そして先日、新人クラークさんが配属されてきました。

彼女もまた、1年前の私と全く一緒で、相当緊張しているようです。
忙しくて、まだゆっくりと話もままならない状態ですが
色々教えてもらって、メモを取ってる姿や、
大きな声が出せず、患者様の前でもおどおどしている様子に
当時の自分の姿が重なって(年齢差は相当ありますが・・笑)
彼女の気持ちが痛いほど伝わってきます。



「これから一緒によろしくね。私もまだまだ2年生になったばかりです(^^)」


ちょうど1年違いで入ってこられた新人さんに、
ちょっと不思議なご縁を勝手に感じつつ・・・


私も1年頑張った。
さぁ、2年目も頑張るぞ!


・・・と、気合を入れなおした11月9日のワタシです。
[PR]