慌しい日々   

2007年 10月 29日

水曜日、以前より入院していた祖母が亡くなりました。
93歳。
頑張りました。
大往生です。
まるで眠っているような、穏やかな顔に、
悲しい気持ちよりも、(あぁ・・良かった・・)と思ってしまいました。
ゴールテープを切ったんだな・・と思いました。

金曜の告別式には、小学校時代に会ったきりの従兄弟たちとの再会もあり
小学生だった従兄弟が、オヤジに変身していてびっくり・・・(^^;)
って、当たり前か・・。(しかも、自分もか・・)


日曜日には、息子の空手の大会が控えていました。
前泊し、会場入りする予定だったので
タイミング的には微妙な状態が続いてて、
重なってしまったら困っちゃうな・・なんて馬鹿なことも考えていました。

でも、おばあちゃん、私のそんな気持ちを察して
ちょっと早めに旅立ったのかな・・?

(大会までは待っていられないし、それなら今のうちに出発しようかな・・。
おんぷちゃんに迷惑かけられないし・・・)

何となく、おばあちゃんがそう考えてくれたような気がしてなりません。


最後まで、自分中心でごめんね。
今までありがとう。
お母さんを生んでくれて、ありがとう。。。

そうお別れしました。





さて、その息子の大会・・。

4時間かけて行って参りました。

で、息子の出番は、開会式直後の2試合目。
出番はあっという間に終わっちゃいました(^^;)。


ただ、とても中身は濃かったよ(^^)v

接戦で、どちらが勝っているかわからない・・
結局、審判4人の判定は2-2。
主審の判定に委ねられたものの
主審の判定も引き分け。

再試合に持ち込みました。
・・が、
ここでも判定が2-2。
再び主審の判定へ・・。

(どうか、主審さん、息子の旗を揚げてください・・・(ー人ー;)・・・(念!))
・・という願いも届かず
負けちゃいました。


相手とは格が違うけど、その相手によく延長に持ち込んだな。。という気持ちと
勝てる試合だったかも・・という気持ちと
両方で揺れ動く結果でした。

でも、初戦敗退だけど、2試合分の子供の試合を見られたのは
ラッキーだったかな・・?(^^)


今年の大会も全て終わりました。
この1年ですごく成長した息子です。

あとは最後の昇級審査で今年1年の結果を出すのみです。




さて、娘。
今週は、娘の体にはちょっとキツイ週でした。

ついこの間の運動会では、今年も2人揃ってリレーにも出て、
娘も大活躍出来たのに、
その後、薬が合わなくなって
かえって呼吸器官や自律神経が調子悪くなってしまいました。


今週の音楽会・・。
息が苦しくて、声が出せない。
頭が痛くて、ステージでじっとしているのがつらい・・ともらしています。
運動会の娘とは、別人のような発言に
実は不安が続いています。


それでも、今日は頑張って学校に行ってくれました。
(もともと、朝が一番大変な病なのです。。)
体調が上がって、元気に帰宅してくれるといいんだけど・・。
[PR]