音楽会でした。   

2007年 11月 05日

先日、学校の音楽会がありました。

娘は6年生。
小学生としての最後の音楽会でした。

合奏では、娘はパーカッション。
ボンゴと小打楽器のアラカルト。
希望者が多く、オーデションで勝ち取ったとは聞いていたけど
予想以上にハードなパート。

リズミカルにボンゴを打っていたかと思うと、
くるくると色んな楽器で音楽にスパイスを添える・・・
(お~・・・上手いなぁ・・)
ちょっと感心しました。

持病で手首に痛みが出たり、
喘息が出て歌うことが苦しいと泣いていた時もあったけど
本番は、笑顔で楽しそうにやっていました。

見事にまとまっていて、
どうだ!と言わんばかりの大合奏。
6年生ってすごいな・・
大迫力のアフリカンシンフォニーと、娘の活躍に
泣けちゃいました。

合唱の部でも、美しいハーモニーと
抑揚のつけ方に感心するばかり。

あ~・・・これで小学校の大きな行事が終わったな・・・
少し、寂しくもなりました。



息子は3年生。

担当はアコーディオン。
どこだ?どこにいるんだ?(@@;)?

・・・・ちっちぇ~よ!
周囲の子やアコーディオンに埋もれるように
わずかに見える顔・・。

合唱の時も
でかい先生指揮者に埋もれ、息子の姿はほとんど見えない。。(T。T)
(あ~・・・場所取り、失敗したなぁ・・・)
それでも時々垣間見れる息子の表情も
真剣そのもの。

3年生らしい、元気いっぱい、明るく楽しい発表でした。


音楽に触れるって・・やっぱりいいね・・。

心が温かくなる1日でした。
[PR]