<   2006年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧   

女性の患者さん・・・   

2006年 06月 30日

今日いらした患者さん(女性)。。

初診で問診表に記入をお願いしたけど、もうちょっと詳しく知りたいな~
・・と思って、お話を伺いました。


「今日は、膝が痛いということですね・・?
何か、思い当たる原因などはございますか?」

「あのね。。前ね、私、痴漢に遭いそうになったの。
凄く怖かったわぁ・・(T。T)。
それでね、逃げようとして、その時に痛めたらしいのよ・・」



(ち。。。。痴漢!?(@。@;)・・・・マジかよっ!?)
(イヤ・・・動揺しちゃいけないな・・・(--;))



そうですか・・。
因みにそれはいつのことですか?

(何十年も前の時の痛みが今も出るってこともあるし・・。禁・動揺だわ)



「・・・20日くらい前なんです。」

(・・・・・・・・えらく、最近だな・・・(--;))




一通り、問診をし終えて看護婦さんに問診表に目を通してもらいます。


「・・・・有り得んっ~~!」(←看護婦さん)

「・・・・やっぱり・・?ですよね?(^^;)」(←ワタシ)






「だって、83歳でしょう?・・・・勘違い!思い込み(断言)」




・・・診察には、それが本当に痴漢だったかどうかは関係の無いこと。
ご本人がおっしゃってるんだから、あえて否定もしません。

ひょっとして、ひったくりなどを「痴漢」っていうんだと思ってるのかもしれないですが
「痴漢されそうになった」と言ってるんで、そのままにしておこうということになりました。



あ~。。。びっくりした(苦笑)。
[PR]

山崎まさよしのCM   

2006年 06月 29日

まさやんの出演しているCMやメイキング・インタビューが観れます。

CMは大人っぽくて、カッコイイです(@^^@)

メイキングは、素のまさやんが見られて嬉しいです。

インタビューは、缶ビールを持ってる手が不自然です(爆)。
(一応、銘柄を正面に向けて、見せていないとね・・)

asahi プライムタイム


髪型もシャツも似合っててよろしくてよ(*^^*)。
[PR]

かわいい箱   

2006年 06月 28日

友人が急病で入院したのですが、無事退院。
快気祝いということで、お菓子を持ってきてくれました。
f0011389_20391618.jpg
袋を開けてびっくり。
出てきたお菓子の箱の可愛いこと・・!
法被もスイカも、立体的になっていて、とても凝っています。

f0011389_20391696.jpg

思わず顔がほころんじゃいました。
お菓子を美味しくいただいたら、
この箱には、何をしまおうかな・・(^^)。
[PR]

私も母親・・。   

2006年 06月 26日

土曜日。
相変らず、患者さんは途絶えることなく、業務に追われていました。


しばらくすると、20代の女性がやってきました。

「すいません。。子供が椅子の下に、お茶をこぼしてしまって・・
何か拭くものを・・・」

「はい、わかりました。お待ちくださいね。」

私はペーパータオルを束で持ち、その場に行きました。

彼女達が座っている、待合室の長椅子の下。。。
その椅子の下は、たっぷりとこぼれたお茶。。
前の列の椅子下まで広がっています。


「どうもすいません。」

横にはおばあちゃんらしき人も居ました。



ところが・・・

この2人、私にお茶のこぼれた場所を示すと、
揃って元の椅子に腰掛け、私が拭いているのを
体をくねらせ、避けるだけで、自分で拭く気ゼロ・・・。

私は、その2人をよけ、狭い椅子と椅子の間の通路から、
必死に手を伸ばし、前の列の椅子の下まで広がったお茶を拭くために
奮闘しました・・。

「あらぁ・・(ペーパータオル)足りないわねぇ・・。
困ったわ。本当にごめんなさいね。」

スカートでしゃがみ、必死に拭いている私を
椅子に座って見てる二人・・・。


なんだかだんだん腹が立ってきましたが、
奥にもう一度ペーパータオルを取りに引っ込んで
ムカッとする気持ちを深呼吸で吐き出して
何事も無いような顔をして、残りを拭きに戻りました。


結局、この母親とおばあちゃん、
最後までずっと見ているだけでした。。。。



事務員として、腹が立っているんじゃないんです。
当然、これも仕事のうちです。


でも、その一方で、私も母親としての顔もあるわけですよ。
その、同じ母親としての自分が腹を立ててるんです。
両方の立場の自分が、心の中で葛藤しているんですわ(^^;)。

自分がこの人の立場だったら、
人任せにして、自分の子供の粗相を始末してもらうなんて
有り得ません。

自分でペーパータオルを受け取って、
絶対に自分が片付けます。

普通・・・・・・そうじゃないですか・・・ねぇ?


おばあちゃんも、お母さんもこんな人。
だとしたら、このお茶をこぼした張本人のお子ちゃま・・
この子も、こういう大人になっちゃうんだろうなぁ・・・


そんなことを考えましたけど、頭をリセットして
通常の業務に戻りました。。。
[PR]

でっかい『バケツプリン』のプチ騒動・・   

2006年 06月 25日

息子が8歳の誕生日を迎えました。
で、今回は、Birthdayケーキの代わりに、
ネットで見つけたこの釜庄『バケツプリン』
オーダーしました。
大きさは、普通のプリンの15倍。
学校で使ってるような大きさのバケツ
ではありませんが
かわいいアルミのバケツ入りで、
この入れ物も、後々何かに使えそうです。
f0011389_2004129.jpg

f0011389_2004169.jpgお味は、とても素朴なカスタードプリン。
甘さもかなり控えめです。
カラメルにやや苦味があって、ちょっと子供は苦手そうだったけど
大人は良いかもしれないです。
一気に食べれちゃいますよ。

大きいスプーンでガッツリといただきました。


で、何がプチ事件かというと・・
実はこのプリン、到着したとき、汁がこぼれ、表面も亀裂が入っていて
写真では分からないけど、
乱暴に配送されてきたのがはっきり分かる、ちょっと悲惨な状態だったのです。
ひっくり返して、写真を撮った直後崩れてしまいました・・(T。T)

これは酷い・・と思って、ショップにメールしました。

「・・・今回、我が家は誕生日祝いのメインとして、楽しみにしていましたし
他の方には贈答品とされている方もいらっしゃると思います。
それが、このような扱われ方で、開けた時にがっかりするようなことが
実際あるのは良くないのではないでしょうか?
どうか、配送業者さんに、お店の方からもご配慮していただけるよう
改めてご連絡下さい。」

すると、その日のうちに、配送業者からは電話がありました。
ただ、電話に出た主人が言うには・・・。

「すいませんでしたの後にさ
『・・・で、うちはどうすればいいんでしょうか?』って言われたよ。
思わず『は?』って言っちゃった。
『うちは、こういう状態だったってことを、今後の為に苦情で言っただけで
どうこうしてもらおうとは思ってないよ!それとも料金返してくれるの?』
って言い返したら
『代替品をお送りするということも可能ですが・・』だって。
じぁあそうして下さい。って言っといたから。」
「『うちはどうすればいいんでしょうか?』なんて、普通言わねーよなぁ。。(ブツブツ。。)


・・・なんというか、誠意があるのか無いのか全く掴めない電話だったそうで
主人を逆上させてくださいましたわ・・(^^;)。


そもそも、プリンを注文したのは、今回の息子に続き、一週間後が娘の誕生日だから。

今までは2人まとめてで済ませていたけど
ここ数年、そろそろ不満が出てきていたのです(笑)。
そうかといって、2週連続デコレーションケーキも飽きるので、今回はプリン
次回にケーキにしようかな・・と計画していたのですが。。。。

その後、さらに配送業者の別の人からも詫びの電話。
(主人の怒りっぷりが相当だったのか・・・?)
代替品として、もう一度プリンを送ります。
いつがよろしいでしょうか?とのこと。

・・・結局、娘の誕生日も「バケツプリン」となりそうです。(^^;)・・

(個人的には、バケツだけ欲しい・・)


電話は相手が見えない分、言い方言い回しで随分イメージも変わるもの。
気をつけないとね。。

PS:ショップの方からは、即、メールが来ました。
   こちらは、ご丁寧で、とても誠意がありました。
[PR]

  

2006年 06月 23日

f0011389_15125825.jpg

ビールが当たりました。
この引換ハガキを協賛店へ持って行って、
アサヒのぐびなま350㍉㍑と交換で~す。
やった(^_^)v
[PR]

まさよしに似てないか!?   

2006年 06月 22日

「水10」を観ていたら、
「シンファ(神話)」というグループが
ゲスト出演していました。

韓国のスターには、イマイチ疎いのですが、
このグループはきっと人気あるんでしょうね。。。

日本のお笑い組と、サッカーゲームをしていたのですが・・
1人、気になる人物が・・。

ほんの一瞬、山崎まさよしに似てるような・・。

気になって仕方ないんだけど、
なかなかアップで映らない。(そういう立場なのか・・?)

ちょっと若い頃のまさよし風の彼は、
どうやらアンディ君と言うらしい・・。

新曲『僕らの心には太陽がある』PV観てください。

・・・ごめん、そういいつつ、リンクが上手く出来ない・・検索してくれ。
(って、誰に言ってるんだか・・笑)

黒と白のボーダーTシャツに、黒のべスト着てるよ。
(ほんの一瞬です。見逃さないように・・)
[PR]

山崎まさよしと南海キャンディーズのコラボ・・・!?   

2006年 06月 18日

へぇ~~

これまた不思議な組み合わせ(^^;)・・・。
でも、面白そうです。

ちゃんと見逃さずにいられるかどうか・・・(--;)。ちょっと心配なんだけど。
PVは音楽専門番組のみ放送ってことになると、
地上波だけの我が家では無理なのかな?

私としては、白衣のまさやんを、どうしても見届けたいっ!(=^▽^=)
[PR]

励まされたのは私の方・・・!?   

2006年 06月 15日

いつもながら・・(?)その日も患者さんが多く、
私もその対応に追われていました。


しばらくすると、1人の患者さんが、車椅子に乗って
パジャマ姿でやってきました。

外来で、初めてやってきたときから、
症状も大変つらそうな方でした。
何度か診察に来られ、私もその度に声かけをし、
様子を見ていましたが
その後、結局入院しました。


その方は、私が他の患者さんの対応の間
後ろでじっと待っていて、
後から来た患者さんに順番を譲り、
ようやく私の手が空くと、
にっこりしながら近づいてきました。

近くで見ると、以前に比べ顔色もぐんとよくなって、
経過が良いことは一目瞭然でした。
(うわぁ!すっかり見違えた。順調なんだぁ・・)
そう嬉しく思った時・・

「お陰様で、入院して、手術も無事終わって、
ようやくここまで回復しました。
いつも、色々とありがとう。
また、退院して、外来になったらよろしくお願いしますね。(^^)」

それだけ言うと、ゆっくりと、戻って行かれました。


月並みな返事をしてしまった後、
しばしその人の後ろ姿を、見送るともなしに見送り
私の頭は、ちょっと思考が停止しちゃいました。

(あれ・・・?何か用事があったんじゃないのかな?)
(先生とか、看護婦さんに伝言とか、聞きたいこととか・・・)

そうじゃなくて。。。
○○さんは、私にそれを言うために、わざわざやってきて
私の手が空くのをじっと待っていてくれたんだ・・


私の頭が、ようやくそれに気がついたとき、
その方はもう、姿が見えなくなってしまい、
私はまた新たな患者さんの応対に追われてしまいました。



・・・胸がいっぱいになってしまいました。
こんな自分のところに
わざわざ来てくれるその人に、私のほうが感謝で一杯になりました。
不覚にも、涙が出そうになりました。
体が、ポワ~~ンと熱くなって、何ともいえない気持ちになりました。


過去のミスで、ちょっとこの仕事が自分には向いていないかも。。
と、自信喪失し、同じ過ちを繰り返さないように。。と
どこか機械的に業務をこなしていた数週間・・。
勉強したことも、全く役になっていない
今の業務内容に、ちょっと寂しさも感じていたことが
この患者さんのおかげで、一気に吹き飛んでしまいました・・・。


「ありがとう」

この言葉が、こんなに自分の中に飛び込んでくるなんて驚いています。

こちらこそ・・・。そんな風に言ってくださって「ありがとう」・・です。


辞めたいな・・・
何となく漠然と沸き始めたそんな気持ち
完全に吹っ飛びました。
[PR]

感謝しています。でも・・・。   

2006年 06月 12日

娘は、特定疾患を持っていて、現在も治療中。
これはもう、長いお付き合いになるであろう・・と思われるものなのですが、
薬の服用のため、副作用が軽く出ています。

娘の場合は、顔のむくみと体毛が濃くなること・・。
この程度で、済んでいるのは良いことなのですが・・・・。

体毛は、クラスの子からも指摘されることがあるらしく、
本人もちょっと気にしています。
うなじなんて、そのまま背中に続いちゃって、たてがみみたいだし・・(苦笑)。
で、そろそろプールも始まるし・・ということで、
先日、除毛剤で処理しました。
うなじは、ボーボー生えてるところから、突然、ツルツルになるのは不自然だし
処理もかなり難しいのです苦労しちゃいます。

でも、体毛が濃くなるのは、こうやって処理出来るからいいんです。
問題は、顔のむくみ・・・。

プレドニンというお薬が、たったの1㎎増えた頃から、
目に見えてお顔がぽっちゃりしてきたのです。
体にも、お肉はついてきたけど、もともとやせてる子なので、体の変化は
むしろようやく標準になってきた感じ。
でも、顔つきは嫌でも変わるんですよね・・・。
親から見ても、(あ~・・・本当はもっと可愛いのになぁ・・)なんて
内心思っちゃいます。


先日、そんな娘を久々に見た、娘の同級生のお母さんと、お姉さん・・。
「ねぇ、うちの子が久しぶりに(娘)ちゃん見て言うんだけど、(娘)ちゃん、太った?」
「あ~・・うん、薬の副作用が出てるんだよ。」
「あ!そういうことかぁ・・・」


・・・その後、そのお母さんは、自分が飲んでいる健康食品の効果を教えてくれました。

海外では、既に医薬品として認可されていること。
自分は強いアトピーに悩まされてそれを始めたこと。
解毒作用があって、副作用となる原因も、全て排出してしまうこと。
顔のむくみだって、解毒されるから、やがては引けるということ。
癌にすら効果が出ていること。
医者から処方されている薬と一緒に服用出来ること。
そして、どんな医者でも、健康食品は好意的に薦めないこと。
健康食品の判断は、医者ではなく、自身で行うこと。。

「・・・だから、一度、詳しく話だけでも聞いてみない?」

そういわれました。
物凄い説得力で、引き込まれてしまいます。


実は、こういうこと、一度だけではないのです。
皆さん、本当に娘のことを心配してくれて、
皆さんが体に良いと聞いたものや自分の飲んでいるもの。。
色々薦めてもらっています。

本当に、その親切が有難く、身にしみています。

それは、本心。


だけど、その一方で、困惑してしまうのも確かなのです。


あまりにも色んな情報がありすぎて・・・

どれもが本当に効果がありそうで・・・

そして、どの方にも感謝していて・・・。
熱心に勧めてくれた恩義にも応えたい・・。

もし、これが自分の体のことならば、片っ端から飛びつきたい。。

(それと、お金があれば・・・ね(^^;)。大抵、高いです。・・・当然か・・)



娘の病気が発覚した時
おそらく、こういう状況になるであろう・・と
ある程度予測してはいました。
でも、民間のものには頼らず、医者との連携で乗り切っていこう・・と
当時は、決心していたものです。

ところが、その決心、揺らぐ揺らぐ・・・。
そして、情報が多すぎて、混乱してしまうのです。


駄目な親だと自分でも思います。

どうすることが子供にとって良いものなのか・・分からないのです。


せっかく周囲の方が、娘を健康に戻せるチャンスを与えてくれてるのに
自分がそれに飛びつかないせいで
そのチャンスを不意にしてしまっているんじゃないか・・・とか、

結局、自分は医師を信用していないんじゃないか・・とか、

私なりに悩んでしまって、

考え出すと、止まらないのです・・・。


毎回、「主人にも話してみる時間が必要だし、
自分なりに、その商品のこと調べてみるから、ちょっと考えさせて。。」
と、即答を避け、
何とか、もう一度考え直すんだけど、
旦那は、意思が強く、そういうものには関心を示さないのです。

結局、今までも、何も、購入せずにきましたが、
薦めてくれる方に、
再度会う時、気分が憂鬱になります。


正直、こういう話が出ると、心の中では
(惑わせないで・・!)と叫んでいます。。。
[PR]