<   2006年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

心も体もお疲れ気味のワタシ・・・でした。   

2006年 09月 27日

今月は、のっけから公私共にトラブル続き。
何から何まで八方塞がりで、しんどい日々でした。
私の生活のバイオリズムは、絶対に下降したままの状態だ・・!と
確信していました。


それも、ようやく抜けてきたかな・・・?


何だか抽象的な表現ですが・・・

雲の合間から、ちょっと日が差してきた・・・

今はそんな心境です。


もうちょっとで晴れるかな・・・?
[PR]

アレルギーです   

2006年 09月 18日

ここ数日、寒い日が続いて、暖房すら欲しいと思っていたのに
今日のこの蒸し暑さは何なんだ!?
台風の影響なのでしょうか?
不快指数の高い一日でした。
まだまだ、予測のつかない気候です。


ところで、ここ数日、くしゃみと鼻水が止まらない。
今日は加えて目のかゆみ。。
鼻が詰まってぼ~~~っとしてしまいます。


春もあるけど、この季節も悩まされるんですよ。。


なんだか、自分の目も小っちゃくなってしまったような気がします。
って、もともと小さいんだが・・


薬を飲んでいるわけではないのですが、
なんだか常に眠気が付きまとってるような一日。。

鼻をむしり取りたいよぉ~~(;。;)ぐすん。。

あ~・・こうしている間にも鼻が垂れます・・。
[PR]

シュークリームが好きなんです。   

2006年 09月 18日

噂には聞いていたけど、場所がよくわからなかったお店 ちゃたまや
偶然発見し、ようやく購入できました。

ここはエッグファーム直営のお店で、メインは卵(県知事賞受賞とか・・)なのですが、
その卵で作られ焼き菓子やジェラートがとても美味しいと評判なのです。

お店に一歩入ると、あま~い香りに包まれ、つい多めに購入してしまいました。


人気のシュークリームは、カスタードとカスタードに生クリームのWシュー。
両方めちゃくちゃデカイ!
コージコーナーのシュー(これも好きですが・・)より、もう一回り大きいかも。

写真(下手ですんません・・・・)は、娘の手の平にのせたもの。
はみ出してます。
ブサイク全開の顔でかぶりつかないと上手く食べられません。。(^^;)
f0011389_850592.jpg
味は、とにかく濃厚。
カスタードが素朴な味なのですが、黄身が主張しております。
シュー皮は、パイ生地のようにサクッとしています。
まるで見た目は大きなごっつい石のようなシュークリームです。

私は、どちらかと言うと、しっとりした皮のシューのが好きなのですが、
これはこれで、美味しかったです。


卵ももちろん購入して帰りました。(通販でも買えますよ。)
たまごかけご飯、早く食べよう。
[PR]

シカオちゃんのチケット来ました。   

2006年 09月 15日

もっとずっと後に来ると思ってたら、もう来ました。

座席は、7列目!中央ブロックのやや端側ですが、充分ですね(@^^@)。

座席表を見ると、どうやら7列目から1段上がるようなので、
ちびの私には有難い席です。


強引に一緒に行ってもらうことになってるダンナは
「俺は、ギター弾いてる手先が見えないような席なら行かないもん!」って
言ってたけど、行っていただきましょう・・!


毎日アルバムをヘビロしています。

まさやんのライブはシカオちゃんの翌週だから
今はシカオちゃんに集中・・・!?
(一週間で気持ち切り替えます!)


そろそろまさやんのチケットも来るのかな・・・?(@^^@)
[PR]

父のその後・・   

2006年 09月 11日

ご心配おかけしております。

くも膜下で倒れた父の手術は、一般的な開頭手術による、
破裂した血管をクリップで留めるものではなく、血管内手術で行われました。

理由は、瘤が数箇所あり、一箇所の開頭では今回は無理であるという判断です。
血管内手術というのは、足から動脈におよそ1.5mの細い管を入れ、
脳の患部にまで到達させ、管の先端のコイルを瘤に埋め込むというものらしいです。
今回その施術を3箇所に行うとのことでした。。

足から、脳まで管を通す・・!?

そんなことが可能なのか?とビックリしてしまいました。
イライラ棒なんていうゲームがありましたが、あれが頭に浮かびました。
ちょっとでも管が血管に触れてしまえば
それが命取りになるなんてこと、ど素人の私にもわかります。
それ以外にも、大きなリスクがあるのですが。。。
お願いするしかありません。


先生を信じ、7間以上に及ぶ手術となりました。

真夜中、呼ばれた時は、術前の険しい表情の先生の顔が、
優しい表情に変わっていて、すっきりした顔で私たちを迎えてくれました。



手術から2日後・・・
徐々に意識が戻ってきています。
私のこともわかっているし、手足の麻痺もなさそうなくらいよく動く・・。

これから少しずつ、話も出来るようになりそうです。


ただ、今回の手術は、最初の一歩。
今回トライした3箇所の瘤のうち、1箇所は断念したとのこと。

それ以外にも、父の頭の中は、問題が山だらけでした。
父本人と共に、今後、この問題にどう取り組んでいくか・・
なかなか難しいところです。
ただ、今後、どうなるにしても、今、頭に傷が全くないのは、
家族としても、見た目にも有難いです。


まずは、父、お疲れ様。

お父さんの手を握る、頭をなでる・・何十年ぶりかのスキンシップ致しました(笑)。

お母さんも、普段は父の愚痴ばかりこぼしていたけど、やっぱり夫婦だわ。。

幼い頃、夫婦喧嘩ばかりしていて、私の中に、その闇が少しありました。
自分がずっと今まで、それを引きずっていたことも、今回自覚しました。
でも、それは、今回の母の姿を見て、浄化されていくのを感じたから。。


早く、孫にも会わせてあげたいけど、もうちょっとの我慢です。
今は、しっかり安静を・・・。
[PR]

頑張れ、父   

2006年 09月 07日

昨夜、実家から電話があり、父が倒れたとのことでした。

風呂上りに頭痛を訴え、倒れこむように布団に入ったものの
体調は悪くなるばかり。

近くの脳外科には手術のため受け入れを断られ
さらに救急車で国立病院に行ったものの、
結局別の病院に転送されることになり
不調を訴えてから2時間近くもドタバタしてしまいました。

結果
くも膜下出血でした。

私が病院に駆けつけた時はCT検査をし、安静のためICUで眠らされている状態。

CTの写真は、ど素人の私が見てもおかしい脳の中でした。


予断は許されない状態。
今後の現実と向かい合わなければなりません。


でも何をして良いのか分からず
何をするわけでもないので、とりあえず帰宅を勧められ
家に戻ってきました。
眠ったような寝てないような・・・
こんな状態で、ブログを更新している自分も変だとは思うんだけど。。。


落ち着きません・・。


とにかく、意識が戻った父と、まともな会話がしたい・・。
このままではやり切れません。。

まだ68だよ。
頑張って。。。
[PR]

シカオちゃん発売日   

2006年 09月 06日

月曜日、<いいとも!>で、スキマからシカオちゃんに紹介がいったのを
リアルタイムで観ていたのに、肝心な留守録を忘れてしまった・・(T。T)



さっきアルバムと新曲CDが届いて、今、♪午後のパレードのPV
観ながらアップしています。

(さすがに♪19才のPVは収録されないのね。。(^^;))


今回のこの曲はダンサーさんのサングラスと振り付けが
能天気な感じで好き(笑)

でも、出来たら、こんな夏の終わりじゃなくて
もっと早くに発売していただきたかった・・・(--;)


今日はもう、すっかり秋の気配・・
PVの真夏の雰囲気が別世界みたい・・。

f0011389_1518566.jpg


シカオちゃん、ピンクのシャツもジャケ写のシャツもよくお似合いで・・(@^^@)
髪型もバッチリですね。
(どこかの誰かと比べてるわけじゃないが・・)



さて、これからアルバムじっくり聴き込みま~す。
[PR]

運動会前、悲喜交々   

2006年 09月 04日

昨年に引き続き、子供達が2人ともリレーの選手に選出され、
親としても嬉しい限り(^^)。

今日は、親(バカ)の記録として書いてるので、
長いから、興味ない方はスルーしちゃって下さい。




誰に似たのかよく分かりませんが、
私もダンナも自分達は選手になったことはないので、
親が果たせなかった分、(特にパパは)期待大!です。

去年、日本の小学校の運動会が初体験だった我が家は、
特に熱が入っておりました。。(苦笑)



去年、娘は持病を抱えながらも選手に、と打診され、大いに悩みました。
もともとスポーツ万能。でも、思いがけない打診でした。
そもそも、健康な子であれば、こんな相談も来ないまま決定するのですが・・。

<選手に補欠はない。選ばれた選手は、家庭と各自できちんと健康管理を行い、
自己責任において、強化練習に参加する>

これが、学校の選手への条件でした。


娘は、リウマチなので、いつ、どこの関節が痛むか分からない。
特に、手関節の腫れが一番大きいので、
バトンを持つ手に激痛が走る・・
また、酷使した、股関節が痛む・・そんなことも考えられたのです。


かかりつけの先生に相談したら
「万が一、バトンを落としたり、体に不調が出て本人の思うような結果が
出せなかった場合、やはり、病気だから・・と今後も何かと
それを引きずっていくと思う。諦めた方がよいのでは・・・?」
そう言われました。

わかっちゃいるけど、先生に後押ししてもらえなかったのはちょっとショックでした。


ところが、ダンナは
「健康な子だって、失敗する時はある。
ここ一番って時に体調が悪くなる子だっている。
誰だって失敗した時は、それをバネにしてくだろうが・・!
持病だからって、出来るかもしれないことを、やらないうちに諦めさせてどうするんだ。
・・・・出ろよ。勿体無いじゃねーか!」・・・と、熱い(^^;)。

本人も「やってみる。やりたい!」と言ってくれたので、思い切って出させたのでした。


毎日、2週間、早朝からの走りこみ・・。
天候が悪い日は、練習に顔を出しても、体が思うように動かない日もありました。
本番も、まずは天候を祈りました。

当日・・・
(どうか、無事に走り終えてくれ・・・)と必死に祈りつつ応援しました。

そしてその願いも無事に叶い・・結果として、娘のチームが1位。

やり遂げて、清清しい顔で1位の旗の後ろでクラスメイトや私たちに手を振る娘に
本当に涙してしまいました。。


去年、もし、諦めて辞退していたら・・・

結果オーライだからいえる事ではあるけれど、
今年の娘は、ヤル気もなくし、
(どうせ、私は病気だから・・)と何事も投げやりになっていたかもしれません。。
運動が大好きな娘にとって、一番憂鬱な季節にならず、本当によかった・・。


今年も、選手の選出で1位になったそうで・・
「去年も大丈夫だったから、今年も出来るよ。」と、ニコニコ報告してくれました。




さて、今年2年生の弟君・・・

幼稚園での運動会の経験もなく、(アメリカは運動会ないし・・)
彼の運動神経はお姉ちゃんと比べでも、当時は何となく未知数。

去年、「僕、リレーの選手になれたよ」と、報告され、
親としても初めて
「お前、そんなに足速かったんかいっ!(@、@)」と驚きました。

お姉ちゃんの運動神経は分かっていたけど
こちらは降って沸いたような、棚からぼた餅のような(・・すまん!)
思いがけない朗報でした。


小柄ながらも、全力で走る姿は勇ましく、頼もしく感じ
子供の成長を強く感じました。


そして今年・・・
去年の運動会が終わった時から
「来年も選手になりたい!」と言っていた息子。。
去年の驚きはどこへやら・・?今年も是非!と、期待してしまいます。(^^;)

ところが、今年は、去年まで全く選手から遠ざかっていたタイムの子が
急激に力をつけ、息子の前に立ちはだかりました。。

かけっこ練習の時、ナメてかかっていた息子はその子に惨敗。
息子のその練習態度をちゃんと見ていた担任の先生は
「いつでも一生懸命走らない人は、選手にはしません。
今日の練習の様子と、あと1回の練習で選手を決めます。」と言ったそうな。。

「僕、今年はダメかもしれない。。」

がっくりして帰宅してきた息子の様子に、
全力で走ってダメなら仕方ないよ。。と慰めようとしたのに
「僕、大丈夫だと思って・・。
それに、今日の練習は選手選ぶのに関係ないと思って・・」
そう打ち明けた息子に、思わず
「バッカじゃないのぉおおおーっ!?」と言ってしまいました・・。

最近特に気になっていた、
とりあえず、何でも器用にこなしてしまう息子の様子・・。
物事を軽く見る傾向が気になっていた矢先のことでした。

充分、後悔しているし、反省もしていると分かっていても、
母の口は説教と嘆きで止まらなかったですわ・・(^^;)

落ち込んでいる息子を、さらに谷底にどーん!・・・しちゃいました。


その晩、一緒にお風呂に入ったパパは
<うさぎとカメ>の話を持ち出して、
「今日のお前はうさぎだぞ。努力しないやつ、一生懸命じゃないやつは
真面目に頑張る人に負けちゃうんだぞ」と、息子に説いておりました。。

う~ん・・・・なるほど。
(ダンナよ、あなたも、人のことは言えませんが・・今日のその話はgood!)
そう思いつつ、私は、それからは何も言わず。
後は、残り少ないチャンスを無駄にしないように頑張る
ということで、息子も心を入れ替えたようです。


翌日から、選手決めのタイムを計り始めたそうですが
息子と、もう1人のそのライバル君、両者全く引かないそうで・・

何回走らせても、インコースを走った子の方が微妙に速いという結果・・。
先生としても、どうしたものかと悩んだ挙句、翌日に持ち越し、
今度こそ最終。一発勝負で決定します。
と、連絡がありました。


息子の足は、パンパンで、しかも、足の親指の裏は、
空手の時に出来た水ぶくれがまだ固まっていない状態・・
今度こそ、本当に全力で頑張ってきたんだな・・と
「ドキドキして眠れない・・・」
そういっていた息子の寝顔を見つつ散々叱った自分を反省しました。。。



翌朝、体が痛い・・。足が痛い・・。
そう言いながらも「負けたくないよ~」と、異常なまでの執念(?)で登校していった息子。

帰宅してきた時は、満面の笑みでした。
もう、その笑顔が全てを表していました。

「先生に、『一発勝負です。』って言われたの。
雨も降ってきてるし、選手の締め切りだって。。
『じゃんけんで勝った人が好きなコースとっていい』って。
僕、勝って、インコース選んだよ。0.2秒差だったって。」

それだけ一気に言った後・・・

「あ~・・・シアワセだぁ・・・」

ここで燃え尽きられちゃ困るんだが・・・
と思いつつも、息子と固く握手しました。

息子も、相手の子も、足には湿布がベタベタと張ってあり
お互いに見せ合いっこしたそうです。
彼の存在が、息子にはとても重要でした。

その子の分も、本番まで、一生懸命練習しようね。
そう約束しました。。


「あのね、お祝いして!苺のショートケーキ、買ってよん(^人^)」
そう、催促されて、二つ返事で買ってきたのがこれ。
小ぶりなのに、それなりに立派な値段のする、地元で有名なケーキやさん。
二口で食べられちゃいました。
f0011389_99739.jpg



今年の運動会も、楽しみです。
[PR]